東京の幼稚園受験の流れ

幼稚園の受験というと、お金持ちの家庭にしか縁がない話だと考えている人もいますが、それは一昔前のことであり、今の時代はかなり多くの家庭で我が子をより良い園に入れようと受験に向けて学ばせています。特に東京には多いです。受験の流れとしては、願書を提出し、面接や考査があります。園によって面接や考査の内容が異なるのはもちろんのこと、合格の基準も異なるので園のことをしっかり下調べしておくことが大切です。合格するかどうかは、日頃から子供ときちんと向き合っていて子供に合った園を選ぶことができているのかによっても大きく左右されます。子供が自ら入園したい園を選ぶことは、まだ幼いので無理なことであり、親が決めなくてはなりません。しかし園の選択は子供の将来を大きく左右するので責任重大であり、慎重に決めるようにしなくてはなりません。

東京の幼稚園受験と塾について

東京では小さな頃から受験を受けさせより良い小学校に入れようと考えている家庭は多いのではないでしょうか。そういう家庭の場合は幼稚園から検討する人も多いはずです。幼稚園といえども、名門大学の付属園などは倍率が高いので簡単に合格できるばかりではありません。その際にはしっかり対策をして準備をしておかなくてはなりません。そのためにも、塾に通わせる家庭は多いです。幼児教室には必ず通わせなくてはならないというわけではありませんが、やはり通っている子供と比較すると通っていないと少し劣ると思われてしまうこともあります。幼児教室を選ぶ際には、知名度の高さだけで選んではいけません。子供に合った教室を選ぶことによって、子供の才能がより伸びることは間違い無く、幼稚園の合格につながるのでしっかり教室を選ぶようにしましょう。

東京の幼稚園の選び方と受験について

東京には、数多くの幼稚園があり受験しなくても入園することが出来るところもたくさんあります。しかし近年では、少しでも良い園を求めている人が多く受験に合格しなくては入ることができないレベルの高い幼稚園も増えました。そういう園のメリットとしては、教育に力を入れてくれているという点や園の行事が多かったり、子供預かってくれる時間が長いというところがあります。しかし園を選択するときに親の都合だけで決めてしまうのはよくありません。預かり時間の長さや、園の知名度で決めてしまう親が多いですが、それは親の都合や見栄であり、子供にとっては利点とは言えないことも多いです。子供の才能を伸ばすことができる園なのかという点をきちんと考えて選ぶようにしましょう。園を選ぶのは親の責任であり、務めでかなり重要なポイントとなります。

伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 東京で幼稚園を受験されるご家庭へ